Latest Entries

新しい時代を築くには、異端者が必要だ

このblogの読者は高校生を想定していて、それよりも少し年上の大学生から20代の方に向けたお話。
大学で学んだことが働くうえでどのように活きるのか、どのようにすれば活きるのかという点で、興味深い文章を見つけました。

あるソフトウェア工学者の失敗 日本のITは何故弱いか
林晋, 京都大学大学院文学研究科

ぜひ一読いただきたいのですが、まとめると以下のような内容です。
1. 旧世代は新しいものを理解できず、排斥しようとする。
2. 日本社会は安定を求める傾向にあり、米国等に比べて1.の力が強い。
3. 新しい技術や思想を身に付けた若者を社会に送り出しても、社会の側(旧世代)が受容できないために活用できない。
4. 日本社会が変化を受容しやすい社会、失敗を恐れない社会に変わらなければ、このような状況は変わらない。

この文章はIT産業を起点に日本社会を考察したような内容ですが、他の業界でも大差はありません。

ただ単に早く会社に入っただけの人、職位が上の人が、「経験」を基に判断を下す。まわりはその意思を忖度する。そんな場面が日本の科学技術の最先端を謳う企業でも横行しています。
大学で最初の方に学ぶような基礎的な理論や、文献を調べれば検証する必要もないような一般的な知見でさえ、通用しないことがあります。

そんな中で私たちはどのようにふ振る舞えばよいのか。
私の答えは、実証することです。
たとえば、生産性向上のためにAという仕組みがあった方が良いと思えば、実際にAを作って実務者レベル(要は若手のような下っ端)で運用してしまう。仕組みが動いてメンバーが利便性を実感すれば、文句をつけていた人たちの態度も認めるか無視するかに改善する。タイミングが良ければチームの成果、上の立場の人の成果であるかのように位置付けて、事実上の承認を得る。
職場の裁量によってそう簡単にはいかないと思いますが、何かしらやりようがあると信じて考えることは誰にもできます。

上で紹介した文章の著者は教育者という立場から、現場とは違います。いままさにげんなりするような現場に放り込まれる私たちは、考察して悲観して嘆息したところで環境が変わるわけではありません。
私たちが「変わらない日本社会」を変えるしかないのです。
まずは草の根で。ゆっくりと、しかし確実に。理不尽に耐え忍びながら。

さて、そんな難しくて大それたミッションが卒業後に待っている大学生たちは、どうすればいいのでしょうか。
私は「幅広く、しっかりと学ぶこと」「何かを作り上げること」の2点をお勧めします。
「幅広く、しっかりと学ぶこと」は、複雑で面倒な問題を解きほぐし、解決の糸口を探るのに役立ちます。理系だからといってサイエンスの専門知識を深めるばかりでは、会社や社会のアレコレを見通し良くするのは難しいでしょう。一方で、新書レベルのふわっとした表面的な知識だけ集めていても、検証にたえる定量的な考察や実際の仕組みの構築には至らないでしょう。様々な分野の入り口を知っておくことと、少なくとも一つは自分の芯となる分野を掘り下げること。この両方が必要です。(T型人材ってやつですね。言葉にすると軽薄ですが。)
「何かを作り上げること」は有形無形を問いません。デートプランでも、イベントでも、企画でも、小説でも、論文でも、ソフトウェアでも、ハードウェアでも。何かを設計し、組み立て、検証し、実現し、反省する。この一連の流れを繰り返すことで、自分の頭の中にだけあったアイデアなるものが、頭の外に出られるようになります。それは他人に影響を与え、何かを変える可能性を帯びます。これが言うほど簡単ではない。文句を言う人は多いのに、真剣に対案や解決策を作る人が少ないことを思い出せば、人に話せるレベルの案を作ることさえ簡単でないとわかるでしょう。何かを作り上げるのは勇気と根気が不可欠です。しかし幸運なことに、大学はそのために適した環境です。

会社に入ってしまうと、目の前の仕事に追われて長期的な問題や環境改善に取り組む余裕がなくなるのももっともな話です。
それでも、私は少しずつ変化を積み重ねていこうと思います。
東大生ブログランキング

親子の絆し(ほだし)

元SEALDs 諏訪原健「奨学金残酷物語 家庭崩壊した25歳の女性の苦悩」
AERA dot. 2017年8月22日

子どもの貧困と進学、貧困の連鎖を断ち切る上で重要なのが、子ども親から切り離すことです。
親が経済的または人格的に破綻していても、子どもが力強く育つことはあります。
しかし、子どもが頑張って大学や専門学校などに進学をしようとしても、親が壁になって道を閉ざされることがあります。
上の記事にあるような、貸与型奨学金を親が使い込むケースをその一例です。

貸与型奨学金には連帯保証人が求められます。普通の人は親や親族に頼るでしょう。
親元を離れるにはアパートなどの賃貸契約が必要です。ここでも保証人が必要です。普通の人は親や親族に頼るでしょう。
大学で授業料免除や寮の入居を申請しようとすると、保護者の源泉徴収票など収入額を証明する書類を求められます。普通の人は、保護者に頼んで出してもらないことはないでしょう。

では、普通でない人は?
以前にも言及しましたが、親が非協力的というだけで、子ども行動は大きく制限されます。進学のように大きなお金のかかることはなおさらです。
世間には、まともでない親もいます。
それでもまともに育った子が、自分の力で未来を切り拓けるように、社会は手助けをするべきです。

とりあえず、国立大学の授業料免除くらいマイナンバーで自動化してくれないだろうか。
東大生ブログランキング

制約と誓約

ジャンプでとても人気のある作品HUNTERxHUNTERに念という特殊能力が登場します。
念能力には「制約と誓約」、すなわち能力の使用条件を厳しく制限するほど、強い能力を発揮できるという設定があります。

先日、非常に厳しい経済状況から東大に進学した方と会ってお話しすることができました。
その方がなぜそこまで頑張れたのかと尋ねたところ、「制約と誓約」が鍵だとおっしゃいました。
いわゆる死ぬ気で勉強するというのを地でやって来られたそうです。

「死ぬ気で」という表現は人を追い詰めるようで嫌なものだと思っていましたが、実際のところ国立大学ましてや東京大学は超難関です。私も生活のほとんどを受験勉強に費やすくらいの努力をしてきました。精神を追い込む必要はありませんが、たいていの人にとっては使える時間や体力のようなリソースを勉強に集中投下する必要があるでしょう。
そのときのイメージとして、「制約と誓約」はピッタリのことばだと感じました。制限をかけて、自らを研ぎ澄ませば、大きな困難だって乗り越えられる力が得られる。そんなイメージです。
HUNTERxHUNTERを読んでないと通じないのが難点ですが。
東大生ブログランキング

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索