Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大生ブログランキング

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

日本におけるフェミニズムの第一人者である上野千鶴子が平成31年の東京大学学部入学式で祝辞を述べた。
医学部入試での女子差別や東大男子が起こした性的集団暴行事件を引き合いに出して、きれいなタテマエ的平等論の中で生きてこられたであろう新入生に冷や水を浴びせている。
己の努力によって「東大生」という地位を手に入れたとおごる新入生、特に男子には苦々しく思われたことだろう。

10年前を振り返ってみると、私はマジョリティである男子学生であったが、富裕層が多い東大にあって経済的なマイノリティであったが故に、マジョリティの無自覚な暴力を認識することができた。ここでは男女差別が例として挙げられているが、経済的に格差を例にとれば男女問わず強者の地位にある場合を容易に想像できるだろう。

この祝辞のメッセージは次の部分に集約されている。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。


この入学式に参加した3000人の新学部生は、上野千鶴子が女性学を切り開いたように、理不尽や不公正に立ち向かう強い力を秘めている。そして、大学での学びは、新しい世界を切り開く力を確かなものに育ててくれる。一方で、一個の人間は無敵超人ではないだから無理をして嘘の中に閉じこもるなという側面も忘れてはいけない。

もう私はいい歳した大人になってしまったが、大学で学んだことは朽ちることなく私を支えている。
「社会」とやらで暮らしていると、男女差別に限らず、人が人を見えないナイフで傷つける場面を見ない日はない。
しかし、不公正の現場に遭遇したとき、かつて学んだ知識が武器となって、弱きを助け、強きをくじくことができる。

正直なところ、自分の正義なり公正なり美学なりを保ち続けるのはしんどい。火の粉が自分に降りかからない限り、隠れている方が楽だ。そうやって甘えたくなるときに思い出すようにしているのが、私が東大に入った年の総長式辞だ。
総長の小宮山宏は「他者を感じる力」「本質を捉える知」「先頭に立つ勇気」を持てと私たちに言った。よくよく見ると、言っていることは上野千鶴子の祝辞に似ている。独りよがりになるな、本当に大切なものを見つけられるようになれ、怯むな行動せよ。
そうだ。束の間の安寧を求めている場合ではない。より良い明日をこの手で作るのだ。そんな気持ちが沸きあがってくる。


ところで、大学院の祝辞は研究者としての心構えを説いたものだった。こちらも素晴らしい内容だったので最後の部分を引用する。また明日から頑張ろうという気持ちになった。いつかどこかの誰かのために。

Yet, one feature of our brain that stands out among all other species is the ability to delay reward. The release of a small neurotransmitter called dopamine will make animals wait a few minutes in expectation of some food or juice. But, humans have evolved mechanisms that allow us to plant seeds, work the fields and wait months if not years for the final harvest. Higher education is the ultimate delayed gratification ritual.

スポンサーサイト

東大生ブログランキング

授業料免除、奨学金受給世帯はNHK受信料が全額免除される

奨学金受給対象等の別住居の学生免除

NHK受信料が全額免除される、NHKの公式な制度です。

受信料が免除となる条件は以下の2店です。
1. 親元などから離れた学生であること
2. 経済的に厳しい状況にあることが前提な奨学金や授業慮免除の対象となっていること

学生支援機構、大学、自治体、公益財団法人など、幅広い奨学金制度が対象となっています。
学生支援機構以外にはどのような実施団体があるかのリストも出ています

NHKのWEBサイトから申請が可能です
東大生ブログランキング

学校で教えてくれない生活の仕方 そらまめガイド

大学進学のために地方から上京すると、学業のほかに「日常生活」も自分の手で立ち上げなくてはなりません。
人によっては、慣れた勉強よりも一人での生活の方が大変かもしれない。
そんなとこに電子書籍そらまめガイドが役に立ちます。
そらまめガイドは一人暮らしをして働き始める方のために書かれたものなので、生活全般からアルバイト、就活まで参考になる内容です。

東大の同級生でも公共料金の手続きができずに危うく水道、電気、ガスが止まりそうになっていました。
とりあえずそらまめガイドの基本編を読んでおきたいですね。
東大生ブログランキング

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。