Latest Entries

合格は頑張ればできるけど、行くのは自分が頑張っても難しいですよね

2017年2月12日放送
NHKスペシャル「見えない"貧困"~見たいを奪われる子供たち~」

出演していた高校生が、入学金と授業料を支払うのに教育ローンを借りなければならないと奨学金担当の先生に言われたあとに言った言葉が印象に残りました。

合格は頑張ればできるけど
行くのは自分が頑張っても難しいですよね


そう、私もまさに同じ文句を言って苦しんでいました。
たまたま学校の先生が適切なタイミングで支援をしてくれて、うまい具合に支援制度に乗って、いまでは人並み以上の生活ができています。

番組で取り上げられていた高校生は、かつての私よりも困窮した状況にあります。
平日も休日もアルバイトして生活費を稼いでいる中で、ちゃんと勉強していくのがどれだけ大変なことか。
あんな状態でちゃんと勉強できていることだけでも、強靭な意志と優れた能力を備えていることを十分に示しています。

番組の途中で「奨学金の借り方を教える学校さえあります」というナレーションがありました。
むしろ、いまの時代には奨学金のような支援制度のメリット、デメリット、使い方を全員に周知すべきでしょうに。
制度を必要とする人ほど、丁寧に説明してくれる人が周りにいないという情報アクセス性の格差が余計な不幸を生んでいるのですから。

日本で奨学金といえば貸与型。
借りたお金を返すだけといっても、今の時代に数百万円の借金を背負って独り立ちするのは苦しい。
挫ける人もいるし、諦める人もいる。だから、給付型奨学金と高等教育無償化で若者の背中を押そうという動きが世の中にようやく出てきました。
教育国債もぜひ実現してほしいと願っています。

ただ、ここでひとつ強調しておきます。
数百万円の借金を背負うとしても、生活は苦しくとも、夢を叶えるためならば、人は努力できます。
社会を変えるためには、いまの若者が置かれている状況がどれだけ厳しいものかを世の中に知らしめなければなりませんが、そんな報道ばかり見て、挫けたり諦めたりする人が出てこないことを祈ります。
いのちの欠片を燃やしつくす覚悟で挑む人には、きっと道が開けます。
東大生ブログランキング

奨学金などの一覧

奨学金.Netというサイトを見つけました。

奨学金の一覧がある上に、申請書の例文から税制上の扱い、返済で困ったときの対応など、調べればわかるかもしれないが、まとまっていると助かる情報がまとめられています。
運営母体がどこかわかりませんが、
奨学金などを利用したい方に対する注意点としては、ここに挙げられていない奨学金などもあるので、情報収集は継続的に進めておきましょうということが挙げられます。

学生支援機構も大学・地方公共団体等が行う奨学金制度を検索できるようになっていたりと、少しずつ奨学金などへのアクセスが簡単になってきています。
関係者各位ががんばってくれているわけで、ありがたいことです。
東大生ブログランキング

卒業式の想い出

きらびやかな丸の内の夜景が後方に流れはじめた。くぐもった唸り声をあげながら、新幹線は加速していく。発車メロディが流れ始めたとき、朝から晩まで東京を歩き回って疲れたのだろう、すでに隣の座席では母がうとうとしている。
ふと、同じような場面が過去にもあったような気がした。新幹線に乗ることなんて滅多になかったはず。それも母が一緒にいるなんて。
そうか。記憶を手繰り寄せるまでもなく気づく。4年前の3月10日、東大入試の合格発表の日。私の人生が動き出した日。新居探しのために来てもらったんだ。

一日一日を生きるのが必死で、これまですっかり忘れていた。お前を東大に行かせるお金はないと告げられて、抜け殻のようになったあの日。行く先に横たわる不安や困難がどれだけ大きくても、自分の可能性を信じて突き進む決心をしたあの日。悲しみと悔しさに支配された世界に、一筋の光が差したあの日。
卒業式を終えて振り返れば、我ながらよく頑張ったものだと思う。卒業式を終えて、ようやく振り返る気になった。

私は乗り越えた。君にもきっとできる。
ここに至るまでにあった苦しみや悲しみを忘れ、はかりしれない幸運を無視して、自分にできたことが他人にもできると信じるのはあまりにも楽天的だ。
しかし、それでも私はここへ記す。絶望の底に沈んだあの日、その言葉を私は欲したのだから。
私は乗り越えた。君にもきっとできる。
東大生ブログランキング

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索