Entries

隗より始めよ

もうすぐ二年生になる。

この一年は典型的な「抑圧からの開放(笑)」に突き動かされていたように思う。
家が貧しい、そのために東大に行こうとするだけで余計な苦労をした。それがイヤだった。
家が貧しくとも、東大でキャンパスライフをエンジョイてきるんだ。そしてこのblogにリア充っぷりを公表して、地方の貧乏学生に希望を与えるんだ。
そんな変なアイデアに支配されていた。

サークルにゼミに、忙しい一年だった。
6月には彼女もできて、ある意味当初の目標を達成できるかに見えた。

しかし、最も重要なことに一つである「テキストの勉強」を忘れていた。その結果が先の成績である。
「社会勉強」とやらは確かに重要だ。だが、社会勉強にしては稚拙な活動・生活だった。
自分がやりたいこと、これはどんどん出てくるが、何かしらの組織に入ってしまえばある程度の制約は免れない。
元々、経済的制約が重く圧し掛かっていることは、なぜか忘れやすい。口座残高が奨学金のおかげで減らないせいか。増えなければならないのに。

1年エンジョイした(笑)

それももう終わりだ。理性的に考えれば、サークルもやめなければならない。
抑圧、ないし実家からの解放を信じ、実家を省みなかった付けだろうか。
弟は完全なNEETだ。授業料免除の書類を書いていて、そう強く認識した。
いじめや学校裏サイトなんてものは、あって当然と思っていたが、まさかそれがために自らの弟が、精神的に逝ってしまうとは。
いや、そうじゃない。ヤツの行動見ていて、専門家の対応を見ていて、実際にはほとんど「聞いた」ことなのだが、そこまで酷くはない。
ただ、あの年代特有の、ちょっと不安定な精神というヤツだ。それがちょっとわかりやすい形で出てきただけだ。きっとそうだ。

そんなこといっていても始まらない。終わりもしない。


私は私の人生を生きる。
極論すれば、実家がどうなろうとも。

そのために私は変わるだろう。
だが、その先の自分こそ、大学入学当時に思い描いた自分かもしれない。
私は甘えていた。


これだけ景気が悪いと言っていても、私は強力な社会保障システムによって守られている。
私が飲む一杯コーヒーは、数知れない多くの国民の努力の滴の集合だ。

私は成長するだろう。
夢は願うものではない。努力して実現するものだ。
夢を夢見る者は気楽だ。私は夢を現実の未来におく。現在と夢の間に深い溝がある。それを見ると悲しくなる。つらい。

あぁ、全ては甘える自分の責任ぞ。
自分が変われないのなら、何も変わらないだろうよ。自分の望むカタチには。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/120-3afa86ba

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索