Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/15-806ec026

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

金が無くても大学はいける

テレビドラマで金が無いから大学へいけないという話があるそうなので。

私立は知らないけれども、国立大学なら仕送りなしで大学に4年間通うことは可能です。

私も現役で合格していたら仕送り無しだったでしょう。

もちろん住居費なども自己負担で。

では具体的なお話をば


1.授業料は払わなくていい

入学金・授業料には減免制度があります。

入学金免除はかなり難しいのですが、授業料免除は基準がゆるいです。(入学金の支払い猶予はあります)

例として東京大学のケースを挙げましょう。

(参考)授業料が全額免除となる家計モデル【日本人学生用】

上のページを見てもらうとわかるように、母子家庭は年収300万円弱でも授業料が全額免除になる可能性があります。

日本の母子家庭の年収が平均200万円という記事を見たことがあるので、おそらくかなりの母子家庭が対象となるでしょう。

我が家も確実に基準を満たしています(笑)

高校の恩師も授業料免除で名古屋大学を卒業したそうです。

詳しくは各大学に問い合わせてみてください。


12/26追記

一部報道にもあるとおり東京大学の授業料全額免除の基準が変更されます。

たしか日経新聞にも年収400万円以下の家庭は全額免除という記事がありました。

学力基準や家計基準の内容も公表されています。

詳しくは東京大学の公式サイトより平成20年度からの授業料免除の選考方法について


2.奨学金(給付)をもらおう

奨学金というと学生支援機構(旧育英会)が有名です。

しかしこれは返さないといけない。

冒頭のドラマでも「奨学金は返さないといけない」という発言がありました。

でも実は世の中には丸々貰える奨学金もあります!!

伊藤謝恩育英財団(入学一時金30万・大学在学中月額6万)

岩國育英財団(入学一時金30万・大学在学中月額10万)

参考までにAllAboutの記事

ほかにも企業や自治体が独自に行っているものもあるので、高校の先生に聞くといいでしょう。

ただし!厳しい選考を突破しなければなりません。

上にあげたふたつの財団には毎年数百名の応募があります。

そして実際に採用されるのは伊藤謝恩育英財団が40人、岩國育英財団が14人程度。

さらに、現役で大学に合格しなければなりません。

実は私も伊藤謝恩育英財団の奨学生に内定していたのですが、志望校不合格につき不採用になりました。

後期試験の合格発表、あのときの親の顔は忘れられません・・・・・。


また、高校在学中に貰える奨学金も貰っておくといいでしょう。

私は高校3年時に公募の奨学金に応募して30万円いただいています。

このお金があるからこそいま浪人していられるわけです。

また、私のいた高校では1年時に学年上位5人くらいが選ばれて、以後月額5万円くらい貰っていました。

これは何の奨学金かはわかりませんが、少なくとも2、3人の同級生が貰っていました。


3.寮に入ろう

東京の都心部で1Rなんて借りたら家賃だけで7万円以上かかります。

しかし、大学には寮のようなものがあります。

東大の三鷹国際学生宿舎は家賃などの固定費用をすべて足しても1万円強。

例年かなりの応募があるようですが、募集要項を読む限り経済的・地理的な基準で選ばれるようです。

ほかの大学でも同じように安価な住宅が提供されているはずです。



いかがでしょうか。

先日のカンブリア宮殿には風呂無し・トイレ共用のアパートで暮らすという東大生もでていました。

削れる無駄は削り、アルバイトなど収入を増やす努力をすれば、仕送りが無くともどうにかできるはずです。

友人の兄(東大理1・下北沢のあたりに在住)は食費が月額1万円強だとか。

頑張ればどうにかなるもんです。


お金が無いから大学に行けないなんて、そんな下らない理由で諦めないで。



そして最後に貧乏受験生のみなさんへ。

リスク管理を考えてください。

いきがって東大受けても、落ちたらおしまいです。

私は300万円を貰える権利を失いました。

浪人が決定した上に、このことはかなりの精神的負担になります。


自分のやりたい研究分野をカバーしている大学は他にありませんか。

ここでもいいかなぁと思える大学はありませんか。

どうしても第一志望に行きたいのなら、死ぬ気で勉強してください。

無理は一週間続けると無理でなくなります。

ほら、こんな馬鹿を相手にしている時間はありませんよ!
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/15-806ec026

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。