Entries

センター試験の記憶

あの日のことは今でも忘れられない。

浪人のセンター試験2日目、数学の試験だった。明らかにできていなかった。平面図形がわからない。計算ができない。回答やめ、と言われた時点で結果は分かっていた。点数は絶望的だった。
その上、回収されていくマークシートを見ていて気がついてしまった。マークミスがあることに。

次の時間は数学2Bだった。こちらもできない問題がいくつもあった。おいおいマジか二次試験じゃないんだぞ。頭は真っ白だった。もう嫌だ、叫びだしたくなる衝動でいっぱいだった。

そのとき、頭に浮かんだのは高校で2年3年と一緒だった同級生の顔。現役で東京の大学に進学して、帰省のごとに話し相手になっては励ましてくれていた。その、一人の同級生だけを精神の支えにして、耐えた。やっぱりできは良くない。半泣きだった。泣いていたかもしれない。

大事な試験の時、昼食はカロリーメイトと決めている。お腹のコンディションを悪くしないためだ。しかし、一袋のカロリーメイトを食べることすら大変だった。浪人仲間と談笑することもなく、午後の試験会場に向かった。早すぎて知り合いは誰もいなかった。

もともと自分は数学が苦手だ。得意な物理だけでも頑張るよ。数学の時間に助けてくれた同級生に心のなかで誓った。午後は理科2科目。満点だった。


二次試験でも同じようなことがあった。
東大二次試験の数学、それは最大の壁。最初の60分はどれか手がつけられないか必死でページをめくった。しかし、1問解いただけで、もうわかるものはなかった。ペンを置いた。顔を上げ、教室全体を見渡して、それからまたペンを持った。150分の試験時間が終わったとき、そこにあった答案は自分史上最高の出来だった。


試験の結果が悪いと、頭も心も激しく混乱してしまう。それは仕方ない。
だから考えるのをやめよう。ただ手を動かすんだ。身体は努力を忘れない。落ち着け、受験生。

って受験生がこれ見ているのかしら。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/201-e5cf1b99

0件のトラックバック

2件のコメント

[C68]

はい、東大浪人生の母も見ています。

現役のときから見ています。


「それでも」のブログの人がそういってた

と、

何か、子供にアドバイスするときに

記事を思い出して話したりしたことが

何度もあります。

ありがとう。
  • 2011-01-19
  • 猫母
  • URL
  • 編集

[C69] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索