Entries

自分の進路をいろいろと考えた。

現役で大学に入った高校の同級生たちが働き出して、大学で出会った同級生たちが就活を終えて、私は人生の岐路を迎えようとしています。

東京大学大学院工学系研究科の出願が7月上旬に迫っています。
どこの研究室を志望するのか、もっといえばどの専攻に出願するのか。
進路が一本に収斂していきます。


本郷に進学したころ、大学に入学したころ、もっと言えば高校生のころから考えていた人生設計を、いま、変えようとしています。
人の役に立ちたい。それが私の小さいころからの夢です。小さいころからそう願っていました。

中学、高校と勉強を進めて自然科学の可能性に心を奪われました。
人類に遍く豊かな生活をもたらす科学技術の福音をもたらす仕事がしたい。
だから、研究者になろう。
そのために東大に行こう。
そして博士号を取ろう。

それがどんなに辛く苦しく困難な道であることか、勉強してきたつもりでした。
それでも、私はその道を選ぼうとしていました。

しかし、私にはそれだけの能力がないようです。
研究室生活を初めて間もなく3か月。ついに身体が動かなくなりました。
先週の木曜日、前回の記事を書いた翌日です。
今日もまだ身体が重たい。

研究室の同期で一人だけなんも結果が出ていません。

精神的にも、肉体的にも、経済的にも、辛い。
もとより余裕はなかったものの、どうやらこれ以上は難しいようです。

少し、休みます。

大学院では研究室を変えようと思います。
いまの研究室は研究者になるにはかなり良い研究室ですが、その分だけ厳しい環境です。
いまの私には限界ギリギリです。
「修士は週80時間は研究するべきだ」なんて私にはできそうにありません。
とりあえず院試休みまで突っ走って、休みます。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/230-83a16a46

0件のトラックバック

2件のコメント

[C105] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C106] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索