Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/281-ce6f5d20

-件のトラックバック

-件のコメント

[C629] ご入学おめでとうございます

大学院にご入学、おめでとうございます。
そんなにたくさんの人が東大大学院に入学されるとは知りませんでした。でも、やはり、難関なのでしょうね。
添付のビデオで入学式の様子が少し窺えたのがうれしかったです。去年は、全員が参加できる入学式はありませんでしたから。(泣)
入学式に保護者の参加が多いというのは、やはり親が出席したいのではないでしょうか?
入学式にしても、卒業式にしても、真に感慨深いものにできるかどうかは、そこまでの本人の頑張り次第ですよね。それが、できる人達は、やはりすごいと思います。
実り多き日々を過ごされますように!
  • 2012-04-16
  • 卯月
  • URL
  • 編集

[C631] おめでとうございます

入学式からかなり経ってしまい、コメントが遅くなってしまいましたが、大学院入学おめでとうございます。

そうですよ。親を入学式に呼ぶのは親への感謝を示すの一つのあり方だと思います。僕は卒業式にはぜひ親を呼びたいと思っています。

人間は常に強くふるまいたい、でもそれは弱さから来ることもあるのかもしれない。僕自身もそれは感じます。

新年度は出会いと別れの季節ですね。このブログに気が付きつつ、黙っていてすみませんでした。あなたが寮からいなくなって、ちょっと寂しくなりました。でも一方で新しい人たちも入ってきて僕たちのコモンも、より元気な方向に少し雰囲気が変わりそうです。

どうぞこれからも充実した日々を過ごされますよう。一言言わせて頂くならば、僕はあなたをとても尊敬しています。益々のご活躍をお祈り致します。

[C632] こちらこそありがとうございます。

いろいろな方からコメントやメールで応援をいただきました。
それが私の力となります。
いつもありがとうございます。
  • 2012-04-30
  • othmer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

大学院入学式

4月12日は東京大学の創立記念日です。
入学式は毎年この日に行われます。

今年は冬が長引いたせいか、入学式まで桜が残っていました。
毎年春が訪れると、東京は桜が多いなぁと感じます。
特に皇居の周りはとても美しい桜が見られます。
入学式の会場である日本武道館のまわりにも、満開の桜が見られました。
P1030790.jpg


大学院の入学式なんてあまり人が来ないのではないかと思っていました。
しかし、入ってみるとフロアを埋め尽くすほどの学生がすでにいました。
修士課程2900人、博士課程1600人の合わせて4500人が東京大学大学院に入学するそうです。
P1030801.jpg

学部の入学式では一面真っ黒な頭が見られましたが、大学院生ともなると茶色い頭が多くみられました。
4年間、みなさん大人の階段を上っていたのですね。


東京大学の入学式には保護者が大挙して参加することが知られています。
これを見て、受験勉強ばかりで親に依存した未熟な若者がテレビの中で識者に批判されることが慣例になっているように思います。
実際には親から離れられないなんて学生はほとんどいません。

これは親孝行です。
これまで育ててくれた親に対して、言葉でなくて背中で伝えるのです。

ありがとう。私はもう大丈夫です。お疲れ様でした。


思えば4年前、数々の困難を乗り越えて東大生の地位を手に入れた私は、親を見返してやったと胸を張っていました。
大学生活を何とか終えた今、親からしたら私の姿は今まで見たこともないくらい弱弱しいものに移ったかもしれません。
これまで親の前では強気を貫いてきましたから。


この先どうなるのか不安でしたが、
今日、奨学金の採用通知が来ました。
あと2年間、どうにかなりそうです。


ただ一つ 旗かげ高し
いまかがやける 深空の光
天寵を 負える子ら
友よ 友
ここなる丘に 東大の旗立てり
伝統の旗 東大の光
たたえ たたえん
たたえ たたえん

ただ一つ 歌ごえ高し
いまなりわたる 疾風の力
双眼の 澄める子ら
友よ 友
ここなる杜に 東大の歌湧けり
伝統の歌 東大の力
たたえ たたえん
たたえ たたえん
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/281-ce6f5d20

0件のトラックバック

3件のコメント

[C629] ご入学おめでとうございます

大学院にご入学、おめでとうございます。
そんなにたくさんの人が東大大学院に入学されるとは知りませんでした。でも、やはり、難関なのでしょうね。
添付のビデオで入学式の様子が少し窺えたのがうれしかったです。去年は、全員が参加できる入学式はありませんでしたから。(泣)
入学式に保護者の参加が多いというのは、やはり親が出席したいのではないでしょうか?
入学式にしても、卒業式にしても、真に感慨深いものにできるかどうかは、そこまでの本人の頑張り次第ですよね。それが、できる人達は、やはりすごいと思います。
実り多き日々を過ごされますように!
  • 2012-04-16
  • 卯月
  • URL
  • 編集

[C631] おめでとうございます

入学式からかなり経ってしまい、コメントが遅くなってしまいましたが、大学院入学おめでとうございます。

そうですよ。親を入学式に呼ぶのは親への感謝を示すの一つのあり方だと思います。僕は卒業式にはぜひ親を呼びたいと思っています。

人間は常に強くふるまいたい、でもそれは弱さから来ることもあるのかもしれない。僕自身もそれは感じます。

新年度は出会いと別れの季節ですね。このブログに気が付きつつ、黙っていてすみませんでした。あなたが寮からいなくなって、ちょっと寂しくなりました。でも一方で新しい人たちも入ってきて僕たちのコモンも、より元気な方向に少し雰囲気が変わりそうです。

どうぞこれからも充実した日々を過ごされますよう。一言言わせて頂くならば、僕はあなたをとても尊敬しています。益々のご活躍をお祈り致します。

[C632] こちらこそありがとうございます。

いろいろな方からコメントやメールで応援をいただきました。
それが私の力となります。
いつもありがとうございます。
  • 2012-04-30
  • othmer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。