Entries

2012年5月

収入仕送り・小遣い0
 奨学金50000
 アルバイト14500
 雑収入54800
 収入合計119300
支出家賃52000
 食費52100
 光熱水費3400
 交通費4400
 通信費5300
 服飾費41200
 交際費14500
 書籍・文具50600
 娯楽費3400
 雑支出10000
 支出合計237300
 収支-118000
 累計収支-438300


相変わらず赤字垂れ流しです。精神衛生上非常によくない。

去年修理したはずの電子辞書が完全に壊れたので買いなおしました。
科学論文を読み書きする都合で英語の充実したものを選びました。
ちょうど生協の理系モデルというのが望み通りの内容で28000円。電気屋で買えば5万円はしそうなもので、大変満足しています。
あとは教科書を徐々に買っていたらこんなことに。専門書は高いですからね。

久しぶりに鞄や服などを買いました。奮発して。
高校2年生のころから同じ服ばかり着ていたのでさすがに襟が擦り切れてしまいました。
彼女とのデートに着ていく服がないと買った思い出の一着だったのですが、7年も着れば破れてしまうのですね。
大学4年間あまり服を買わずに同じ服ばかり何度も着ていたので、痛みが激しかったのかもしれません。

驚きなのが、食費が5万円を超えている点。お前何食ってんだよ。
原因はコンビニ弁当なんです多分。自炊の設備を整えられずに5月末を迎えてしまい、ほとんどが外食またはコンビニ弁当でした。
帰宅する時間には近所だとコンビニしか空いていないので。
5月はなぜか徹夜する日が何度もあり終電帰りも多いというキツキツな一か月だったので例によってストレスが食に向かったのでしょう。ブラック研究室からは脱出したはずなのに。
それにしても5万は恐ろしい・・・。

そんなところに大学から豊島国際学生宿舎の敷金が返ってきたのは不幸中の幸い。

生活基盤はそれなりに整ってきたので、これからはそれなりにまともな収支になるハズ。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/288-03b6ab0a

0件のトラックバック

2件のコメント

[C633]

学業を続けながら、家計を維持するのはたいへんですね。がんばってください。
質問なのですが、奨学金の額は、今が上限なのですか?貸与ですか?給付ですか?
学生の中には、貸与奨学金を目いっぱい借りて、就職して働くようになったら返そうという考えの方もいると思いますが・・・
それと、赤字が発生した場合、どのように対応されているのですか?
立ち入った質問なので、失礼だったらごめんなさい。
  • 2012-06-17
  • 憶良
  • URL
  • 編集

[C634] Re: タイトルなし

いい質問ですね。
私が収支に入れている奨学金は給与のものです。貸与で頑張っている人に怒られるかもしれませんが。ただ、私が東大を目指した理由のひとつは東大なら奨学金がたくさんもらえるだろうと考えたからです。
月額5万円は多い方でしょう。高3のときは月額6万5千円の奨学金に内定していましたが浪人したので採用されませんでした。これは大きな誤算でした。もっと高額なものもありますが、それを受けるにはもっと良い成績が必要な気がします。
学部の間はこうしてトータルの収支を合わそうと頑張ってきました。大学院に進学するろいうさらなる経済的負荷に対応するためにも学部での赤字は相当削減しておきたかったということも努力した大きな理由です。事実大学院では寮を追い出されてアパートの高額な家賃を支払わなければならなくなっています。

大学院に進学した今となっては借金をしてでも時間を作って研究に学業に専念する必要性が卓越してきました。そこで学生支援機構第一種奨学金月額88000円(学部は月額51000円)を借りて赤字を補てんしています。
したがって修士課程2年間で211万円までの赤字なら許容できるわけですが、果たしてどうなることやら。
二進も三進も行かなくなったら親戚に土下座して回ろうかと考えています。10親等くらいには東大卒がいないので、少しくらい貸してもらえるのではないかと期待しています(笑)
  • 2012-06-18
  • othmer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索