Entries

2012年6月

収入仕送り・小遣い0
 奨学金50000
 アルバイト28200
 雑収入1500
 収入合計79700
支出家賃52000
 食費40900
 光熱水費6300
 交通費7900
 通信費7100
 服飾費12400
 交際費3100
 書籍・文具4800
 娯楽費3100
 雑支出18900
 支出合計157000
 収支-77300
 累計収支-515700


あっという間に6月も終わってしまいました。体調の面で辛い一か月でした。
ちゃっかり6月24日のTOEICを申し込んで参考書も買っていたのですがほとんどやらずに本番に突っ込んでしまいました。
研究、雑務、レポート、集中講義と盛りだくさん。本郷と駒場を行ったり来たり。ぐったり疲れました。

気温も湿度も上がって不快指数が上昇し続けていることがゲインのひとつ。でも、最大の原因はやっぱりストレスでしょう。
研究室の同期とうまく人間関係を築けておらず、日々ストレスをためています。
研究室の先輩からも心配されるレベルです(笑)いや笑い事じゃないんだけれど。
私は田舎の市立小中学校、公立高校と多様な人とふれあう環境でもまれてきているはずではありますが、懸案の同期は特異的というか何というか。
これまでのある程度大きな人数の集団においては付き合わないという選択ができたのに対して、研究室ではそれができないという違いはあります。

もちろん私の方にも問題はあります。
それは他人に面と向かって不満を伝えるのが下手ということです。
これまでは怒り心頭でもグッと我慢して「申し訳ないんだけれど良かったらxxしてくれないかな」と言っていたものでした。
しかし、これだと動いてくれない人に出会ったときに、温和な形で相手を動かすにはどうしたらいいか悩んで結局ひとりで抱え込んでしまう。そんな自分の性格の負の部分がズキズキと心身を蝕んでいる感じです。

無駄にストレスをためて相手にイライラしている。実にばかばかしい話です。
学部1,2年生のときや高校生のときはもっとうまくやれたのにな、と思うと自分の余裕のなさがもたらす害悪のひとつとして寛容性が失われるのだろうと考えています。
すると前の研究室のアカハラ助教のことが思い出されゾッとしました。
自分は頑張ってる。頑張ってるのに状況が良くならない。なのにアイツは自分勝手な言動ばかり。許せない。
そして人は悪魔に変わるのでしょう。

自分の心に巣食う悪魔に人生を乗っ取られないためには、絶対に他者への寛容を取り戻さないといけない。
そのためにもゆとりある生活を。ゆとりゆとりって最後はいつも同じ答えなのに、うまくいかないものですね。


悪いことばかり目についてしまいますが、もちろんそれだけじゃありません。
今月は学生支援機構(JASSO)第一種奨学金の在学採用が通りました。これで月額88000円までの赤字ならキャッシュフローを維持できます。これで大学院修士課程は卒業できそうです。
大学院のJASSO第一種は優秀な研究業績による返還免除制度があり、先輩の何人かから全額あるいは半額の返還免除が下りたという話も聞いています。これでまた研究のやる気も上がるというものです。

ちょっとしたことでは女性におしゃれだねと褒められたり、会いたいと思っていた友人たちにキャンパスで偶然出くわしたり。
体調不良が苦しくて暗く考えがちになりココにも暗いことを書くことが多いのですが、本当は楽しいことがたくさんあるはずなんですよね。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/291-401a61c8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索