Entries

東京の星空

東京でかつてよりも多くの星が観られるようになったというニュースを聞きました。
環境省が星空観察を継続的に行なっているようです。大気汚染や光害が減少した結果だといいます。

そこで、我が家の近くでも星空を眺めてみました。
最近寒くて空気が乾燥しているせいか、オリオン座をはじめとした冬の星々がはっきりと見えました。

orion.png

高校生の時、校門へと続く並木道の向こう、冬空に輝くオリオン座を眺めて歩いた日々のことを思い出しました。
思えば遠くへ来たもんだ。


ところで、星空といえばmitakaといソフトウェアをご存知でしょうか。
国立天文台が開発したフリーのソフトウェアで、実際の観測に基づいた星のデータが含まれており、4D(時間+3D空間)の正確な宇宙の姿を見ることができます。
地球近傍から100億光年の彼方までひとっ飛びにズームアウトしていく様子は実に感動的です。
普通のPCでも容易に動作するので、天文が好きな方はぜひ使ってみてください。
中学校で散々勉強した太陽系の中でさえ、小惑星帯の小惑星が公転面に対して上下運動するといった意外な動作を見ることができます。
ちなみに、私はバイトで生徒に難しい天体の問題を教えるときに、よくmitakaを使ってごらんと助言しています。

また、mitaka4D2Uというプロジェクトの成果物であり、ブラウザからもmitakaのような体験を楽しめます。
さらに、三鷹市の国立天文台お台場の日本科学未来館では、3Dシアターでの立体映像でご覧いただけます。特に、国立天文台では現役の研究者の方がガイドを務めるので、非常にエキサイティングです。
私はこれが大好きなので、少し宣伝でした。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/318-5a9929fe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索