Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/346-baf7f2d8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

参議院選挙のこと

今週の日曜日はいよいよ参議院議員選挙です。これまでも何回か投票してきたわけですが、報道を見て今回の選挙ではいつもより危機感を強めています。

ひとつには、自民党が勝ちすぎるのではないかという危機感です。民主党政権の情けない体たらくに失望した有権者が民主党を見放すのは当然の結果ですが、頼りになる野党がほとんど存在しない中で自民党に議席が集中することになれば、今度は自民党が調子に乗って同じような過ちを犯すと予想されます。権力者が「民意」とやらを盾に好き放題できるような状況は、決して好ましいものではなりでしょう。

もうひとつ、民主党の鈴木寛氏の当選が危ういという話を聞いて危機感を強めました。鈴木寛氏は、教育政策や科学技術政策について非常に熱心に取り組んでおられる方です。民主党政権では文部科学省副大臣を務めました。高校授業料無償化や科研費の基金化などを大きく貢献されたと聞いています。ついでに書くと、ネット選挙解禁にも。私はこんなblogをやっているように、我が国における教育システムのあり方には並々ならぬ関心を持っています。そして、少なくとも教育政策について、私の考える方向(長い目で見たら人材育成こそ最高の成長戦略)に近く、かつ本当に実現するだけの能力を持った政治家がいるとすれば、それは鈴木寛氏に他なりません。万が一、その鈴木寛氏が国会から去るとしたら、我が国の教育政策あるいは科学技術政策において重大な後退をもたらすことになるでしょう。

実は、東大生の中には鈴木寛氏の熱狂的な支持者がいて、私はそんな様子を冷ややかに見ていたこともありました。しかし、そんなことを言っている場合ではありません。いまどき珍しい仕事のできる国会議員が落選するなんて日本にとっての大損害です。ということで、私は鈴木寛氏に投票することに決めました。東京都にお住まいの方は、ぜひ鈴木寛氏に投票をお願いします。
鈴木寛 公式サイト

ただ、民主党全体の政策には賛成しかねることが多々ありますし、前述のように自民党には入れてはいけないと考えているので、さて比例代表はどこに入れたものでしょうか。選挙公報読みながら、もう少し考えることにします。


なお、当方の連絡先はPC表示右カラムのプロフィールに画像で掲載しています。
総務省インターネット選挙運動の解禁に関する情報 2013年7月18日閲覧
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/346-baf7f2d8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。