Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/348-d28f65fa

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

EIGO TSUEEE

 英語は昔から得意科目でした。それこそ中学のころから。「これからはグローバル社会だ。英語は不可欠だ。」なんてことを、新聞でもテレビでも、小さい頃からずっと見聞きしていましたから、勉強する意味がよくわからない国語と比べたら、将来的に役に立ちそうだと思えてやる気が湧いてきたわけです。中学のときちょうど「耳をすませば」にハマり、主題歌「カントリーロード」のオリジナルを求めてJohn Denverを熱心に聴いていたことが、功を奏したようにも思います。
 将来英会話学校に通えば数十万円を払わなければならないけれど、いましっかり学校で英語を勉強しておけばタダ同然じゃないか。そんな打算的な思考は高校生になってからも健在で、英語だけは高1の冬くらいからかなり勉強しました。おかげで現役高3夏の東大模試で、英語だけは成績優秀者のリストに名前が載ったことを今でも覚えています(笑)
 私が東京大学に入学した年は、東大生の中では悪名高いALESSという重たい必修講義が始まった年でもありました。講義はEnglish onlyで、いきなり英語で研究論文を書いて発表し、議論しなければならないというものでした。これが1年の夏学期にあったので、入学後も英語力は衰えるどころか向上するのを実感できました。残念ながら、それからしばらく英語を使う機会があまりなかったので、徐々に英語が下手になっていきましたが、3年で豊島国際学生宿舎に入居したことがまた転機となりました。豊島宿舎では留学生が3分の1程度を占めていて、特に大学院で研究をしに留学してきた学生は日本語が全くと言って良いほど話せない人もいました。(ハナビやユカタ・ガールはすぐ覚えてくれるのですが。)そんな中で2年間暮らしていたので、日常的に英語を使わざるをえず、英語力が回復し始めました。
 大学院進学に伴い、豊島宿舎を追い出されてしまったので、留学生と生活を共にするという恵まれた環境からは離れてしまいました。ただ、大学院ともなると研究室にひとりくらいは留学生や外国人研究者がいて、また英語を話す機会がありました。話す機会が無かったとしても、理系で研究室に配属された学生はたいてい、日常的に英語の論文を読んでいるわけですから、英語は第二言語としてもはや普通の存在になります。そんなんだから、勉強せずにTOEICを受けて900点を取れるわけです。私の研究室の同期も同じくらいのスコアなので、まじめに研究している理系東大院生なら英語力はこれくらいの期待ができるでしょう。
 そうはいっても母語である日本語を使って考えたり物を書いたりするほうが圧倒的に楽です。友人の中には自然科学の話題は英語のほうが楽だという九州男児もいましたが。そんなわけで、最近研究関連でたくさん英語を書かないといけないイベントが発生して、書きたくない書きたくないとウジウジしていたりします。ところが、書きだしてみると案外すらすらと筆が進むもので、いつの間にか書き上げられていました。同期も同じような感じらしく、普段の研究活動というものが、よっぽど良い英語の訓練になっていたのかなと思いました。たまにはこんな自分の努力の蓄積を感じられるような出来事があると、また頑張ろうという気持ちになれます。
 書く英語はいいとして、話す英語は難しく、留学生のパーティーに乗り込んだらあまりおしゃべりする間もなく酔っ払って退散した苦い思い出は、また別のお話。とりあえずゲームをして負けたやつにたくさん飲ませるのは万国共通の模様。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/348-d28f65fa

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。