Entries

奥多摩ドライブ

先日のイプシロンロケット見学ですっかり旅行の楽しみを知ってしまい、今度はドライブに行ってきました。イプシロンはその後打ち上げ成功したようで、いち宇宙ファンとしてとても嬉しく思います。当日は実験装置を監視しながらニコ生で中継を見てイプシロン打ち上げを楽しみました。

閑話休題。
私は旅行経験が普通の東大生よりも少ないと思っています。学部時代は特に支出を抑えるために遠出はあまりしませんでした。せいぜい交通費が出るプログラム(見学など)に参加したり、自腹だったら都内くらいでした。旅行というか少し遠出して遊びに行こうといったときなぞは、交通費をケチって電車の最安経路を求めたものです。
そんなわけでレンタカーを借りるだけで数千円もお金がかかるドライブはしたことがありません。これまでにレンタカー借りたのは引っ越しの時だけです。そこで、初めて遊び目的でレンタカーを借りるのだから、電車ではいけないとこがいいと考えました。いきなり片道数時間もかかる遠出は運転技量的にも不安があるので、西東京は奥多摩、秋川渓谷に行ってきました。都内なのに電車とバスで行くのが困難な場所です。

目的地は、東京都で唯一名滝100選に選ばれたという、払沢の滝です。西東京をうろうろしながら行ったので、現地に着くころには日が沈み始めており、ほの暗い中で山道を歩いていきました。ただ、その微妙な暗さがかえって趣のある情景を生み出していたように思います。
払沢の滝


ちなみに借りたのは前回の引越(豊島宿舎から今の家)で使って感動した電気自動車日産リーフです。
電気モーターが生み出す力強いトルクのおかげで、山道でもスイスイ気持ちよく走れました。内之浦の山道で悲鳴を上げていたマーチとは大違いです。鹿児島県内之浦と東京都あきる野の坂道を比べるのは理不尽かもしれませんが。
リーフを借りたのはキャンペーンで安かったという理由もあります。日産レンタカーではマーチと同じ12時間6000円程度で借りられるキャンペーンをよくやっているので、電気自動車に興味がある方は試してみるとおもしろいですよ。電気自動車ですからガソリン満タンで返さなくていいので、ガソリン代もかかりませんし、お得です。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/358-cb56ca7a

0件のトラックバック

3件のコメント

[C663]

私は今高2で東大を目指していますが、学校の成績は普通です。学校の勉強よりは自分の勉強中心にやってます。
正直、学校の成績は普通なため友達にも東大を目指しているとはなんだか笑われそうで言えません。
でもやっぱり東大行きたいです。
この時期にやるべきことを教えてください(文系ですが)
記事に全く関係なくてすみません・-・;

[C664] Re: タイトルなし

>shineさん
高2の秋口からやるべきことは何かと聞かれたら、現時点での自分の状況を把握・分析することと、そこから東大合格に向けて必要なこと・ものを手に入れるための戦略を立てることだと思います。
受験に使う科目は何か。各科目の達成度はどうか。学校の授業進度など自分ではどうにもできない点で不都合があればどのようにカバーするか。そういったことを総合的に判断して、およそ1年後をめどとした勝負に勝つための戦略です。
文系、高2という条件から言えるのはこのくらいです。もちろん学校によって全く話が変わります。灘や開成なら「学校の成績は普通」でも余裕で東大合格ぐらいできるでしょうし、東大進学者をほとんど出さないような学校なら猛然と受験勉強に取り組む必要があるでしょう。自分の置かれている状況(全国の東大受験者集団における相対的位置)を把握する上では同じ学校の同級生や先輩と話すのが手っ取り早いと思います。それというのも、私の母校は田舎だったこともあって東大を目指す仲間同士ライバル同士で切磋琢磨しあう雰囲気だったのです。笑われそうってのはいやですね。まあ頑張ろうという人を笑うような奴は薄っぺらいプライドで凝り固まっているようなのでしょうから、下手に出れば有益な情報を引き出せるかもしれませんよ(笑)
また個別に聞きたいことがあれば、メールでもしてください。最近は研究が忙しいので返事が遅くなるかもしれませんが、読んではいますので。
  • 2013-09-25
  • othmer
  • URL
  • 編集

[C665]

丁寧なお返事、ありがとうございました。
私の通っている学校は自称進学校程度ですし、東大を目指している人もほとんどいないので自分で頑張るしかありません。
とりあえず夏のオープンを受けて、秋も受ける予定です。
このブログは私が中学生の時から読んでいまして、大変勇気をいただいております。貴方のような人間になりたいです。
東大に行きたいという気持ちだけは忘れずに、これからも頑張ります!
また、コメントかメールさせてください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索