Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/363-1e2c3fc5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

炭素文明論



化学系のサイエンスライターとして一部で有名な佐藤健太郎氏の新刊です。佐藤氏は製薬会社に勤めたこともあり、専門は有機化学なんだろうなあという記事を書いています。以前「ゼロリスク社会」の罠を読んで気になっていたので、生協に平積みにされた新刊を手にとってみました。

人類が築いてきた文明の歴史は、炭素が支配していたという意味での「炭素文明論」だそうです。ヒトをはじめとした姓名が有機化合物の集合体であることを考えれば当たり前のことですが、改めて事例を紹介しつつ説明されると、「炭素」の支配力の大きさに驚きます。いわゆる一般向けの文章を書いてきた方だけあって、数式も専門用語もほとんど出さずに書かれています。専門用語は物質名くらいです。

登場する物質は、デンプン、砂糖、香辛料、旨味、ニコチン、カフェイン、尿酸、エタノール、ニトロ化合物、アンモニア、石油と多岐にわたっています。本書を読むと、だいたいこの順番にそれぞれの物質が歴史を作ってきたことがわかります。ニトログリセリンならノーベルのダイナマイト、アンモニアならハーバー・ボッシュ法による人工肥料などとなんとなく最近のおはなしは知っていました。しかし、本書はそれ以前の大航海時代や帝国主義の時代を動かしていたのが特定の(主に炭素を主にした)化学物質であることを示します。こういうことを知っていたら、きっと高校の化学の授業はもっと楽しかったに違いないというような内容です。
ぜひ多くの人に、特に高校生や化学の先生に、読んでもらいたいと思います。

ただ、新潮選書だから当たり前のことですが、言葉遣いが論文のようで表現の多様性に乏しいことが気になりました。内容が一般向けに寄せてあるだけに、惜しい点です。「ほかならない」のつかい過ぎ(笑)
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/363-1e2c3fc5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。