Entries

有利な奨学金は狭き門 大学受験、賢く資金準備 日経新聞

有利な奨学金は狭き門 大学受験、賢く資金準備
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXMZO8097042016122014PPD001


最近新聞などで教育格差の話題が取り上げるようになってきました。
リーマンショック後、派遣村などで非正規雇用に注目が集まった時期に、教育格差の問題も注目されていたのですが、その後は大震災に世間の関心が移っていました。それが再び注目され出しているのだと思います。季節的にもいまは受験シーズンですしね。

上にリンクを載せた記事を読んで感じたのは、結局新聞は読者がかなり多いために尖ったことを書きにくいということです。
最近は新聞でも給付奨学金が取り上げられるようになりました。私大が国立大の授業料免除に相当する給付奨学金をがんばっているためだと考えています。早稲田大学の「めざせ!都の西北奨学金」なんかは素晴らしい取り組みだと思いますが、私が受験生だったころにはありませんでした。私大は費用面から眼中になかったので、当時知っていたのは「大隈記念特別奨学金」くらいでしたね。
一方で、学費だけでなく生活費すら自分で用意しなければならない学生の話が取り上げられることはまずありません。あってもアルバイト漬けで苦しいといった話でしょう。これはそんな話を書いても新聞の読者層に刺さらないからだと私は考えています。
新聞に書かれても本人に情報が届かないならいいじゃないかと思うかもしれませんが、そうでもありません。教師やまわりの大人は新聞やテレビといったメディアから情報を得ているので、本人のまわりの大人が問題に気づいて助言できるようになります。お金のことになると高校生はわからないことがたくさんありますので、大人がポジティブな形で関与するのは重要です。

もちろん、給付奨学金と授業料免除とアルバイトで大学を卒業するのは簡単なことではありません。大変なこともたくさんあります。でも、できないことではありません。
それを周りの大人が「親切心」で情報をフィルタリングし、若者が挑戦する機会を奪うのは良くないことではないでしょうか。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/421-2e039ba3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索