Entries

4人目の東大生

地方から東京大学に進学するのは何かと大変なせいか、田舎へ行くほど東大生というものが珍しくなるように思います。
私の出身地も、東大なんて国会並に縁のないものと思われているような田舎です。
どれくらい東大が珍しいかというと、町から出た歴史上の東大生が全員把握されています。それによると、140年近い東大の歴史の中で私は4人目だそうです。そんな環境なので、東大に合格しましたと報告した時に高齢の親戚から妙にありがたがられました。

私の前の3人は数十年ごとにポツポツと出ていたので、在学中も面識はありませんでした。
ところが、ついに一番若い3人目の方と出会うことができました。それもFacebookで。

東京では同じ地方出身者で同窓会的なコミュニティが形成されていることがよくあります。同じ高校だったり同じ県だったり、規模は様々ですが大学ごとだとか近隣の大学でなんとなくできた集まりが続いているような形です。私も帰省の際に18きっぷを融通したり、祝い事で集まったり、何かとお世話になりました。
そんな東京同郷コミュニティに久しぶりに顔を出すと、必然的に地元の話になります。そこで私が話をしていると、少し年上の方が知り合いがいると言い出しました。それが件の3人目の東大生でした。

同じ地方出身というだけで各界で活躍されている先輩方とお近づきになれるのは、地方出身者のうまみかもしれません。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/439-0fa336cc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索