Entries

長時間労働

定時退社日に町を歩くと、やけに車が多いこと、人通りが多いことに驚きます。
実はこんなにたくさんの人が暮らしていたんだという驚きです。普段は寝静まった町しか知りませんので。

理系の学生は研究室に配属されると昼も夜もなく実験するようになります。
すると、夕方に家に帰るような「普通の暮らし」を忘れてしまうようです。
そんな自分たちに気づいてまた驚くという。

長時間労働は体力的にも精神的にも負担が大きいのでやめましょうという社会的な機運が最近出てきたように感じます。
「ゆう活」なんてキャンペーンを国が音頭をとるくらいですから。
官僚の長時間労働は有名な話です。終電帰りは当たり前、徹夜、休日出勤上等で民間企業と比べて給料は低いというブラック企業ぶり。こんなところに優秀な人材が集まるわけがないでしょう。それでも東大の友人たちは何人も官僚になっており、一国民として感謝しかありません。
そんな彼らの労働環境が改善されて、人間らしい暮らしをして能力を十分に発揮してくれたら国全体に利益があると思って「ゆう活」には期待していたのですが・・・。

「ゆう活」では、朝早く来て仕事を早く終わらせて、夕方をゆうゆう過ごしましょうという活動のはずです。
ところが、実際は勤務時間が一時間前倒しになっただけで終電帰りは変わらないとか。最初の3日くらいは早く帰ったそうですが。
部署ごと省庁ごとに実態は異なるようですが、一月経って結局元通りなようです。
残念。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/440-88f4a567

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索