Entries

星を継ぐもの---ジェイムズ・P・ホーガン



不朽の名作とはよくいったもので、発表から40年という長い年月を経てもなお魅力は色褪せない作品でした。

科学技術の発展とともに、宇宙の成り立ち、生命の成り立ちについて様々なことがわかってきました。
何十年も昔に書かれた作品の前提にしている世界の姿はゆらぎ、謎は科学的に解かれてしまっていることもあります。そのため、「少し不思議」があってこそ成り立つ物語が生まれにくなっているかもしれません。
「星を継ぐもの」にもそのような点はあるのですが、おもしろさや衝撃の大きさは未だすさまじいものがありました。

正直なところ途中で結末は予想がつきます。
ただ、それで感動が損なわれるものではありません。
なるほど、これが不朽の名作かと思いました。

月面で5万年前の宇宙飛行士の死体が見つかって、その謎解きをする話というのにどうも魅力を感じることなく手に取っていませんでした。
ここ数年、古典作品というものは時の試練に耐えただけあって、ずいぶん面白いぞと気づき「星を継ぐもの」を読むきっかけになりました。
まだまだ読むべき本はたくさん。楽しみです。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/451-d7fc552f

0件のトラックバック

3件のコメント

[C709] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C710] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C711] Re: コメント[710]

受験に必要な資金で最低限は受験の費用が5万円、2次試験を受けるための費用が都内2泊で1万5千円+東京までの往復交通費くらいでしょう。本州なら頑張れば合計10万円くらいに抑えられるかと。
入学金30万円は免除申請を出せば免除されなくても分割納付や猶予が与えられます。
教養の教科書は中古を安く買ったりもらったりできます。上クラや自治会など上級生を頼りましょう。1万円もあればどうにかなるはずです。

残りは生きていくために必要なお金です。
寮に入れるような家庭状況であれば必要ありませんが、部屋を借りるには敷金礼金+最初1か月の家賃などで30万円くらい必要です。最近はシェアハウスなんかも増えてきているので住居費はもっと下げられるかもしれません。
一人暮らしに必要な家電は新品でも10万円あれば十分揃います。
三鷹寮や駒場の自治会がやっているリサイクル品を買ったりもらったりできればずっと安くなります。
自炊設備が用意できれば、月の食費は1万円くらいまで抑えることもできます。新入生は4月の間サークルの新入生歓迎会でタダ飯をいただけるので、あちこち顔を出しておごってもらえばもっと抑えられます。
通学の交通費だのなんだので家賃のほかに3万円/月くらいでしょうか。
東京近郊に住んでいるなら家賃や新生活準備の費用が減らせますね。
ここに書いたのは私の経験をもとにした概算なので、工夫すればもっと減らせると思いますよ。
  • 2015-10-24
  • othmer
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索