Entries

2016上期

働き出して2年半が経ちました。
職場に後輩が入っってきたり、一時的に部下がつく場面があったり、仕事の難易度が上がってきたり、前に進んでいる感じを味わっています。

クルマにしろカメラにしろ服にしろ、物質的に欲しいものはだいたい手に入りました。
すると次に欲しくなるのは体験や技能といった文化資本的なものになってくるようです。


2016上期 合計 平均
給与 2,283,000 380,000
雑収入 355,000 59,000
合計 2,638,000 439,000
家賃 25,000 4,000
光熱水費 24,000 4,000
食費 315,000 52,000
書籍・文具 24,000 4,000
娯楽 319,000 53,000
服飾費 153,000 47,000
交際費 285,000 47,000
交通費 308,000 51,000
通信費 31,000 5,000
雑費 44,000 7,000
返済 124,000 20,000
支出合計 1,656,000 276,000
収支 +982,000 +163,000
累計収支 -1,666,000
※千円未満切り捨て

<収入>
政府の意向で全国的に残業を減らそうという流れができているらしく会社でも掛け声を耳にするのですが、なかなか簡単には減りません。
やるべき仕事が減らなければ、処理にかかる時間が減るわけがないので。
そんなわけでお金はたくさん入ってくるのですが、ゆったりとした自分の時間は確保しにくいです。

会社の持ち株会の分を収入に計上していなかったので、今回雑収入で計上しています。

<支出>
・家賃、光熱水費
変化ありません。
・食費
微減ですが、主たる要因は旅行に行った回数の変化くらいです。
自販機でペットボトル飲料を買う回数を減らすために水筒を持って行ったりもしていますが、こちらは金額より気分の問題だと思います。
・書籍文具
仕事の分野が学生時代の専門とかなり離れてきたので、勉強のためにかなりお金と時間を使っています。
生きている限り勉強し続けなければ生き延びられない。赤の女王のようです。

同じ場所にとどまるためには、全力で走り続けなければならない
It takes all the running you can do, to keep in the same place.
鏡の国のアリス ルイス・キャロル


・娯楽
趣味のカメラを新型の高級機X-T2に変え、ついでに9月の連休で東北へ撮影旅行に出かけました。
また、今年はよく映画館に行っています。金曜日の仕事上がりに映画館でレイトショーを見るなど。
ズートピア、シン・ゴジラ、君の名は。
こんなに映画館に行った年はありません。心が潤っています。
・服飾費
学生時代から着続けている服も気づけばくたびれてきて、更新を進めています。
冷静に考えてみると一番お気に入りのコートとジャケットは高校から10年着ているので、そろそろお別れする時期に来ています。
・交際費
飲み会と結婚式が大きいです。
特に結婚式は30歳を目前に控えたお年頃から毎月のように参加しています。
おめでたいし、幸せを分けてもらえるのですが、自分に予定がないことに一抹のさみしさを感じます。
・交通費
車を買ったことで電車代が車のランニングコストに転嫁されたくらいで、あまり変わっていません。
ただ、総移動距離は増えています。
・通信費
変わりなしです。
・雑費
生活に必要な

<収支>
雑収入35万円が一時的なものですから+60万円くらい。
目先の口座残高よりも、長期的に稼いで行ける能力を身に付けたり環境を整えたりしていくことに関心が移っています。

先日ある教育支援プログラムを見学したとき、参加していた生徒に勉強なんかして何の役に立つのかと聞かれたことを思い出します。
勉強は何歳になってもめっちゃ必要です。
普通の会社員、ホワイトカラーならなおさら、頭を使ってお金を稼ぐのですから。
知識を蓄積しして、思考力を磨いて、ようやく価値のある知的労働ができます。
だから学校の勉強を通してありったけの知識を蓄えておいて欲しいし、テスト勉強を通して短時間で論理的に考える能力を鍛えておいて欲しい。
さらにいえば、学校を出て働き出しても時代の変化に合わせて新しいことを勉強していかなければ生きていけません。教えてくれる先生がいなくても自分で勉強ができるように、学校にいる間に自分に合った学ぶ術を学んでおいてほしいですね。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/471-2eabf880

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索