Entries

#4 東大を受けるその前に:奨学金の準備

何をするにもお金がいる。
大学で学ぶのに必要な支出は授業料だけではない。教材などの費用はもちろんのこと、実家を離れて一人暮らしするとなると生活費も馬鹿にならない。
理想的には授業料や教材費など学ぶことに関する費用は無くなって欲しいものだが、現実にはどうにかしてお金を用意しなければならないことが多い。
そこで頼りにしたいのが奨学金だ。どのような奨学金があって、どうやって応募するのかを確認しておこう。

奨学金には大きく分けて2種類ある。
ひとつは給付型奨学金と呼ばれる返済の必要がないもの、もうひとつは一般的な返済が必要なものだ。
残念ながら本来Scholarshipの意味する前者を日本で受けるのは難しいが、大学でしっかりと学業を修めるのに大きな効果があるので自分が受けられるものはないか絶対に探すべきだ。

返済が必要な貸与型奨学金と呼ばれるものは無利子で貸付されるものや銀行などの一般的な金融機関から借りるよりも引く利率で貸付されるものが多い。
銀行なども教育ローンを用意しているので、必要に応じて組み合わせよう。
当然ながら、優先すべき順番は給付型奨学金、貸与型奨学金(無利子)、貸与型奨学金(有利子)および教育ローンなどである。

1. 給付型奨学金
給付型奨学金を運営しているのは、大学、企業や財団法人、自治体などである。

大学は優秀な学生を確保するための武器として経済的支援制度を整えている。
国立大学では授業料免除制度があるので、大学独自の給付型奨学金はそれほど多くない。たとえば東京大学のさつき会奨学金は地方の女子学生を対象としており、特定属性の学生を増やすための制度になっている。
私立大学では国立大学の授業料免除に対応するような形で給付型奨学金を整備している。早稲田大学神奈川大学が有名であり、近年広がりを見せつつある。
詳しくは各大学のアドミッションオフィスなどの担当部署に問い合わせてほしい。制度が整っている大学はたいていWEBサイトに奨学金の案内を整備しているので、検索すればたいていの情報は手に入るはずだ。
給付金額の大きい奨学金は入試前に応募するものが多いので、注意しておこう。

企業や財団法人の給付奨学金は情報をまとめているところがないので注意が必要だ。
最近ではネット上にまとめページがぽつぽつみられるので、「給付型奨学金」などで検索してみよう。
財団法人の給付型奨学金は大企業の創業者が資産を提供して設立されたものなのである。たとえば、セブン&アイ・ホールディングスからは伊藤謝恩育英財団岩国育英財団が生み出された。いずれの財団も学生が学業に集中するのに十分な額の支援をしている。
また、企業の社会的責任を果たす形で設立されたものもある。有名なものではJTの奨学金がある。
これら民間の奨学金は母体となる企業の経営状況によって変動は受けるものの、大きな金額を支給しているところもありぜひとも応募しておきたいところである。
応募資格や形態、時期はまちまちであり、忘れないように気を付けたい。
応募の時期は大学入学前と後に大きく分けられる。入学前に応募するものは高3の春から夏ごろに応募、入学後に応募するものは入学直後に応募するものが多いようだ。入学前に応募するものは高校の進路指導担当、入学後に応募するものは大学の事務(学生支援課、奨学金課)に情報が集まるので、見逃さないようにしよう。

自治体の行っている奨学金制度もある。自治体の奨学金は高校までが多いが、一部は大学までカバーしている。高知県夢・志チャレンジ育英資金制度などがある。市や町レベルでも制度があることがあるので、役所の案内を見たり問い合わせたりしてほしい。

また、2016年現在では低所得家庭の学生に対して国が月3万円程度の給付型奨学金制度を創設する動きがある。日本では制度が未整備なこともあり状況が変わることがあるので、常に最新の情報を確認しておこう。


余談だが、給付型奨学金は大学で学びたいという見ず知らずの若者にお金をくれる大変気前のよい制度だ。
その目的は学生個人を豊かにするためではなく、公共心を持った優秀な人材を育成し社会に供給することで、世の中全体を少しずつ良くしようというものと捉えるべきだろう。
給付型奨学金のおかげで修士課程まで進めた私も大学入学以前に比べて世のため人のために活躍しなければならないという認識が強くなった。
貧しくとも意欲と能力を持つ若者に学ぶ機会を与える給付型奨学金制度の存在はこの国の優れた側面を体現しており、聞こえの良い言葉を弄ぶよりもよほど国を愛する心を涵養する効果があるに違いない。
世の中のために自分が頑張らなくてはならないという認識は、ときには重苦しく感じることもあるが、良い緊張感と学ぶ意欲をもって大学生活を送る助けになった。

2. 貸与型奨学金
日本最大の「奨学金」である日本学生支援機構の奨学金制度は基本的に貸与型奨学金である。
無利子の第一種奨学金、有利子の第二種奨学金がある。第二種は借入金額を大きくなり利息がつくので借りた学生の負担が大きく、最近社会問題になっている。
学生にとって有利な第一種の方が成績条件や家計条件で制限されている。
応募は大学入学前の予約採用と入学後の在学採用がある。予約採用では高3の秋ごろ高校から、在学採用では入学直後の4月中に大学からそれぞれ案内がある。
なお、かつての日本育英会にあった返還免除制度は無くなっているので注意が必要である。親世代の大人だと勘違いしていることがある。ちなみに大学院では成績優秀の場合に返還免除されることがある。

貸与型奨学金にも企業や財団が提供しているものがある。応募時期などは給付型同様まちまちである。

貸与型奨学金の変則的なものとして、ある条件を満たすと返済が免除されることがある。
たとえば、医師や看護師などの専門職では一定期間指定の場所で働くと返済が免除される奨学金が多い。自治医科大学で授業料がかからないのもこの中に入る。
また、各企業の採用をもって返済が免除される貸与型奨学金制度もある。有名なところではトヨタ女性技術者育成基金があるが、特に理系の各学科では優秀人材確保のために入社すれば返済免除という奨学金が各企業から提示されていることがよくある。

3. そのほか
社会福祉協議会の教育支援資金という制度では低所得家庭などを対象に月6.5万円を限度として無利息で貸付を行う制度がある。
生活福祉資金貸付条件等一覧
他にも知られていないだけで、支援制度自体はある可能性がある。どうにも資金繰りが難しいのであれば、学校の進路指導担当や市役所、教育委員会などの進学に関わる情報が集まっていそうなところに問い合わせてみることをお勧めする。

また、地元の名士に資金援助を依頼することさえ考えてもよいだろう。地方では案外社会的に成功したお年寄りが次世代のために何かしたいという思いを持っていることがある。制度化されていなくとも、個人間のやり取りとして資金援助をしてもらえるかもしれない。市議会議員など、地元のために行動する立場にあってかつ地域の有力者に人脈がある人に紹介してもらえるかもしれない。
実際に地元の名士の資金援助を受けたケースを私は2件知っている。はじめは耳を疑ったが、極稀であったとしてもそんなケースが実在するのだ。
世の中案外捨てたものではない。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/472-97b6c1d3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索