Entries

親子の絆し(ほだし)

元SEALDs 諏訪原健「奨学金残酷物語 家庭崩壊した25歳の女性の苦悩」
AERA dot. 2017年8月22日

子どもの貧困と進学、貧困の連鎖を断ち切る上で重要なのが、子ども親から切り離すことです。
親が経済的または人格的に破綻していても、子どもが力強く育つことはあります。
しかし、子どもが頑張って大学や専門学校などに進学をしようとしても、親が壁になって道を閉ざされることがあります。
上の記事にあるような、貸与型奨学金を親が使い込むケースをその一例です。

貸与型奨学金には連帯保証人が求められます。普通の人は親や親族に頼るでしょう。
親元を離れるにはアパートなどの賃貸契約が必要です。ここでも保証人が必要です。普通の人は親や親族に頼るでしょう。
大学で授業料免除や寮の入居を申請しようとすると、保護者の源泉徴収票など収入額を証明する書類を求められます。普通の人は、保護者に頼んで出してもらないことはないでしょう。

では、普通でない人は?
以前にも言及しましたが、親が非協力的というだけで、子ども行動は大きく制限されます。進学のように大きなお金のかかることはなおさらです。
世間には、まともでない親もいます。
それでもまともに育った子が、自分の力で未来を切り拓けるように、社会は手助けをするべきです。

とりあえず、国立大学の授業料免除くらいマイナンバーで自動化してくれないだろうか。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/486-f2045cdf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索