Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/492-4f8ad499

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東大院卒の給与水準

6年勤めたNTTを退職しましたなんて記事のNTT研究所をやめた理由に給料が安いとあった。
どれほどかというと、7年目で653万円(賞与、家賃手当など含む)だという。Googleなどのサラリーが高い会社が多いIT系では安い方なのだろう。

私の給与水準もだいたい同じくらい。まだ5年目なので、そこまで昇給していないけれど。
東大院を修士で出て、大手メーカーの研究所に勤務すると、これくらいの給与水準になると考えていいだろう。
ただし、リンクした記事の著者と比べると私はずいぶん労働時間が長いので、NTT研究所の方が実質的な給与水準が高い。

一般論として、給与水準は働く国や地域と業界、そして会社で決まる。ある会社で働けるかという点を除いて、個人は優秀か否か(その社内での序列)はそれほど影響しない。
東大時代の友人、特に外資系企業や金融機関にお勤めのみなさんは、私たちメーカーの会社員よりも高い給与水準になる。これは彼らが私より優秀であることや、その逆を意味するものではない。
具体的には、30歳で私は年収600万円くらい。商社の友人は1,000万円くらい。弁護士もそれくらい。
アメリカの大学院に進学して、シリコンバレーで就職した友人は就職1年目から1,000万円以上もらっていた。
東大私の周りにいた友人たちは、いまそんな感じ。
関連記事
東大生ブログランキング
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://straitgate.blog112.fc2.com/tb.php/492-4f8ad499

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。