Entries

過重労働と働き方改革

五月祭で「新しい働き方」のシンポジウムがあったので、聴講してきました。
東大・五月祭で高橋まつりさんの母親と弁護士が講演 東大新聞主催シンポジウム

第1部が電通新入社員過労自殺で話題になった高橋まつりさんの事件で弁護人を務めた川人先生と母親の高橋幸美さんの講演。
第2部が働き方や生産性に関する仕事をしている方々を迎えて、生産的で働きやすい働き方を実現するにはどうすればいいというパネルディスカッション。
川人先生は東大駒場で1,2年生向けに「法と社会と人権ゼミ」を長年主宰しており、法学志望の学生たちを人権問題の現場へ連れていくことで有名な先生です。

参加者は学生よりも30代以上の方が多いような印象でした。おそらく、第1部の電通過労自殺事件の方に関心が強い方が多いのだと思います。第1部が終わると出ていく人も多かったので。

第1部は事件の詳細な説明を川人先生が話して、最後に高橋幸美さんが後輩たちが同じ目に合わないようにとメッセージを読み上げる形でした。
どこからどう見ても優秀で、根性があって、コミュニケーション能力も高い、一学年3000人の東大生の中でも最も優秀な部類であったはずの高橋まつりさんが過労死に追い込まれたのはなぜか。
組織も上司も壊滅的にダメだったようです。同僚、先輩、上司、人事部、労働組合に相談していても、配置転換や治療、休職などの対応が取られなかったのは大企業として信じられない杜撰な労働環境です。
これは私が電通で働く友人の何人かから聞いた話でですが、高橋まつりさんは相当配属に恵まれなかったようです。大企業といっても、部署が変われば、あるいは上司が変われば、働きやすい職場かどうかは簡単にひっくりかえります。その点で、本当に運が悪かったのでしょう。
電通にしろ、他の会社にしろ、日本社会全体としてもう30年も前から過労死なり過重労働の問題は分かっているのに、有効な対策が講じられてこなかったというのは絶望的な話です。

第2部は最近よく聞く働き方改革をするにはどうしたらいいのかという話です。川人弁護士に加えて、営業の生産性を上げるコンサルタント芦名佑介さん、サイボウズ執行役員事業支援本部長の中根弓佳さん、東大卒で『脱社畜ブログ』管理人の日野瑛太郎さんの4人でのパネルディスカッションでした。
東大新聞が用意した質問にパネリストが答える形式で、みなさんの意見をまとめるとだいたい以下のような感じでした。
・おかしいと思ったら、もっと良い方法があると思ったら、拒否する勇気、議論する勇気を持とう。一度でも断ったら信用を失うかと思いきや、そんなことはない。
・働きやすい職場で従業員が長く働いてくれるのは企業にとってもメリットが大きい。人材の採用や教育に膨大なコストがかかるのはもちろん、人材が定着しない職場では業務改善ができない。1年以内に辞める人が、来年もっと良くするにはどうしようと考えられないでしょう。
・(就職活動に関連して)若いうちは無理が効く。長く働ける職場かどうかは、10年なりある程度働いた人が仕事にやる気や情熱を維持できているか見ると良い。
・勉強ができるのと仕事ができるのは違う。まじめで従順であることが良いわけではない。気負わず、時には別の道を探すことも忘れないで。

第1部、第2部ともに、いわゆる日本的大企業で3年ほど働いてきた私としても、大いに首肯せざるを得ない内容でした。
東大卒の友人たちを見まわしてみても、よく死なないなあと思うような激務をこなしている人たちがいます。過労で倒れたことのなる人も何人かいます。高橋まつりさんとの違いは、まだ死んでいないだけ。
ここ30年ほど、日本人は壊滅的な働き方をしていて、どうにかしないといけない。最近、働き方改革をしないと日本経済が維持できないと政治家や経営者層が口にするようになったことは、小さいけれど重要な前進です。
一方で、そうはいうものの経営者や管理職は現場で働く私たちに生産性を上げろと掛け声をぶつける割に、目に見えるような投資や仕組みの改革を行っていない。仕事量は減らずに時間だけ短くしろという無茶な指示をこなすため、どうにか現場レベルで生産性を上げていかないと自分たちが苦しい。

何だかんだで、東大生の多くは仕事のキツイ大企業に入って過重労働に苛まれます。
そこで、我慢しすぎると本当に死んでしまうよというのが第1部、結局働きやすくない現代社会でどのように生き延びて働きやすい職場を自らつくっていくかというのが第2部の内容だったと思います。

シンポジウムの感想をネットで検索してみると、第1部と第2部の内容がマッチしていないという意見がありました。
労働者の権利向上という観点では第1部のみ、グローバル経済で日本がどう生き抜くかという観点では第2部のみを肯定的に見ることになるでしょう。
私の見方は上述の通り、現実的にここ1,2年で働き出す、それも激務に晒されるであろう東大生たちに、自分を守る術と、自ら環境を改善する術を持ってもらいたいという願いが込められていたのではないかと思っています。

問題があると指摘するだけでなく、具体的に解決まで導けるような人になれると最高ですね。


余談ですが、働き方改革は大いに進めるべきだし、進める余地があります。たとえば、これだけスマホが普及してICTの力を借りられるというのに、お仕事では未だに紙至上主義が残っていたりします。
私はかなり現状に苛立っているので、社内のグループウェアを使って自動化システムをつくるということを業務の傍ら少しずつ進めています。
若手だからと雑用を押し付けられる地位を利用して、雑用で使うシステムを作り、同じ課の人たちに使ってもらうようにしました。最近、それが同じ部の他の課でも使われるようになってきました。
ルーチンの雑用は自動化した方がいいと2年くらい前に上の人に言ったときは、要らないと言われました。しかし、実際に作ってしまえば現場で雑用をこなす人達に便利だと受け入れられ、いまや草の根的に広がり始めています。
この話を東大卒の友人と話したとき、彼も似たような経験があると言いました。自分が会社のICTインフラを便利に使っている様子を見せることで、上の人たちに真似させることができたというのです。その友人はいま、電通で働いています。
東大生ブログランキング

経済的困難による進学機会の喪失

仲間を見つけた気分です。

「僕は引くわけにはいかず、まい進するしかない」
「君の希望をかなえるには、こういう方法があるよ」と提示してくれるだけでどれほどの救いになるか。
「自分が苦しかったからこそ次の世代はより良くする」
生活保護家庭から東大に入った現役の学生(島田さん)が、以下のインタビュー記事でこんなことを言っていました。

駒崎弘樹 生活保護家庭から東大に行った学生に聞く
(上)中3春に行った小さな学習塾の無料体験が人生の転機に
(中) 運よく偶然が重なり、授業料・入学金免除を得て親の支援なしで大学生活スタート
(下) 生活保護家庭の子どもたちが背負う罪悪感、諦め、精神的圧迫

最近高等教育の無償化が国会でも話題になっていることと関係がありそうです。
生活保護家庭の子どもに進学の機会を 細野豪志

私がこのblogを書き続けているモチベーションは、冒頭に紹介した島田さんのセリフと全く同じです。
家庭にお金がないことは、進学上どうしても不利になります。精神的な重圧も大きいです。まさに命の欠片を燃焼さえて、力を得ているような状態です。
だから、どうにかなるという確信、大丈夫だという根拠が欲しかった。あわよくば、救いの手を差し伸べて欲しかった。
このblogに書いた情報が、いつかどこかの誰かが前に進むための礎になればいいと思っています。

私の家庭は生活保護ラインよりも少し上だったので、島田さんのエピソードは現実感があるものの、私の経験が霞むほど衝撃がありました。
すさまじい不利を乗り越えて、現役で東大に入ったのは、驚異としか言いようがありません。
そんな彼が、後に続く者たちへ想いを寄せていることを知って、本当にうれしく思います。


だいたい経済的に不利な家庭というのは、お金がないだけではなく、他にも問題(お金がないことに由来するこもある)があったりするものです。
以下のような記事も最近ありましたし、どうにか東大で学べている島田さんが無事に学業成就させられることを、心より願っています。
東大を辞退して九大を選ぶ貧困家庭の事情 プレジデント
東大生ブログランキング

I dreamed a dream in Geneva

パリでの年越しから1年と少し、今度は春の連休をスイスで過ごしました。
私が降り立ったジュネーブ空港からバスで30分の場所に、CERNがあります。

あれは中学生のころだったか、科学雑誌ニュートンで見た素粒子物理学の記事を読んで、極小の世界を垣間見るべく超巨大な粒子加速器LHCがヨーロッパに建設されることを知りました。
宇宙の真理を解き明かす物理学への憧れを抱き、研究者になることを夢としたきっかけだったように思います。
いつか研究者としてCERNを訪れる。十余年前の私はそんな夢を持っていました。
DSCF3773.jpg
時は流れ、現在、私は素粒子物理学の研究者ではありません。
別の分野で大学院を出て、企業研究者として働いています。
思っていた形とは違いますが、「研究者」になって「CERNに行く」ことができました。

かつての夢、子どものころの夢がそのままの形で実現することは少ないでしょう。
しかし、夢は私を努力させ、これだけ複雑な世の中にあって、夢に近い形の現在をもたらしました。
夢の力、夢を持つことの意味は、なかなかに侮れない。自分の足がCERNに向かうにつけて、そう再認識しました。

観光地らしいところでは、マッターホルンを訪れてました。本当に美しい世界です。
DSCF2099.jpg


かかった費用は30万円くらい。
ジュネーブまでの往復航空券が13万円
ホテルが8万円(5泊)
電車代などが4万円
残りはお土産や食費など。

ゴールデンウイークにスイス6日間の旅を旅行会社に頼むと50万円くらいはするでしょう。
インターネットと英語が使えるだけで20万円くらい浮いた計算です。
東大生ブログランキング

Appendix

プロフィール

othmer

Author:othmer
下流社会から東大を目指した。
東京大学工学部卒業。
同大学院工学系研究科。

東大生ブログランキング


「お前を東大にやる金はない」
そう言われても諦めず、このblogを見つけた君にささげよう。
私は乗り越えた。君にもきっと、できる。


質問など返答が必要な場合はメールでお問い合わせください。
※PCからメール(hotmail.com)を受信できるようにしてください。
※ご自身のメールアドレスが間違ってないか確認してください。返事ができません。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索